個別指導塾のメリットとデメリット

塾選びをする際に覚えておきたいポイント

個別指導塾は子供のタイプにより向き不向きがあるため、塾を選ぶ前にメリットとデメリットを理解しておくことが大切です。個別指導塾では講師1人につき2~3人の生徒が授業を受ける少人数制のスタイルで行われるため、他の子の目を気にせず質問がしやすくなるというメリットが出てきます。質問しやすい環境が整っているため、質問や発言が苦手な子も安心して授業を受けることができます。また先生との距離が近く、信頼関係を築きやすいというメリットもあります。

個別指導塾では生徒一人ひとりの学力に合わせて授業が行われるため、苦手分野を克服しながら先へ進むことができます。苦手分野の克服だけでなく、自分のペースで学ぶことができるというのも個別指導塾のメリットの一つになります。

メリットがデメリットになるケース

個別指導塾のメリットの一つである少人数制の指導スタイルは、競争心が強い子にとってはデメリットとなるケースもあります。個別指導塾は集団塾とは異なり競争相手がいないので、周囲との競争でモチベーションが上がるタイプの子には不向きな環境となってしまうこともあるため注意が必要です。また個別指導塾の講師は大学生など経験が浅いアルバイトであることも多いため、指導力や管理能力が優れているかしっかり見分けることも必要になってきます。料金面では集団塾よりも授業料が高くなりがちなので、資料請求をするなどして確認しておくことも大事です。


個別指導塾を選ぶ際はメリットやデメリットを理解した上で、実際に学ぶ子供の意見も踏まえながら向いているのかどうか判断することが大切です。

私立中学受験の塾は、週に2回から3回程度通えるので、小学校5年頃から準備しておけば綿密な受験対策が出来ます。