友達が多い子は個別指導塾では伸びない?!

マンツーマンの授業に慣れることが必要

個別指導塾では、マンツーマンの授業が行われます。講師が一対一で教えてくれるので成績が上がりやすいのですが、友達が多い子の場合は不安を感じることもあるでしょう。授業を受ける間は他の生徒と話すことはできません。勉強に集中するために友達とのおしゃべりをやめることは必要ですが、最初のうちは窮屈さを感じるかもしれません。しかし、授業に慣れてくると友達のことは気にならなくなります。生徒が分かると実感できることが大切です。先生の言うことが理解できると、授業に集中できるようになり、勉強に興味が持てるようになります。講師の方も生徒がスムーズに理解できるように分かりやすい授業をします。個別指導塾の指導の形態に慣れるまで、通ってみることが大切です。

友達と一緒に通うこともできる

友達が多い子供の場合は、自分の友達と一緒に個別指導塾に通いたいと希望することがあるかもしれません。友達もそこに通いたければ、一緒に行っても構いません。ただし、授業中は個別の指導を受けることになります。この時は一人になるので、生徒は心細い気持ちになることもあるでしょう。しかし、授業の休み時間はまた一緒になることができます。夏休みの講習の時などは、友達とお昼ご飯を食べることも可能です。個別指導だからと言って、生徒同士が完全に切り離されることはありません。一緒に通っている友達の成績が上がれば、刺激を受けて自分も頑張ろうという気持ちになる生徒の数は多いです。友達と共に自分たちに合った個別指導塾が見つかれば、その場所は成績を上げるきっかけになります。

文系理系問わず大学入試の最重要科目とされているのは英語です。そのため高校生の塾では、ネイティブの視点に立った文法教育が取り入れられています。