個別指導塾の先生の特徴を知ろう

先生一人あたりの生徒が少ない

個別指導塾は集団塾と比べ、一人あたりの生徒数が少ないという特徴があります。塾によって異なる場合もありますが、大抵は先生1人につき生徒が1人から3人ぐらいになります。生徒の数が少ないので、一人一人に対する指導がしやすい状態になります。集団塾だと多くの生徒に教えなければならないので、個別に対応するのが難しくなります。しかし個別指導塾だと、生徒が解けない問題に悩んでいた時、先生はすぐに気付くことができるでしょう。そうすれば生徒も早く学習することができるので、それだけ勉強もはかどります。またメリットは生徒だけではなく、先生側も生徒一人一人と深く関わるので、どういった問題が苦手か、どんな問題で間違えやすいかなど、傾向を理解しやすいです。

先生の人数が多いので安心

個別指導塾では、集合塾よりも多くの先生が在籍しています。部活動や体調不良などで休んでしまうと、集合塾では休んだ分だけ勉強が遅れてしまい、周りについていけなくなったり、分からない部分がそのままになる可能性があります。しかし個別指導塾では多くの先生がいるので、休んでしまった分も他の先生が授業の振り替えに対応してくれます。急に塾に行けなくなってしまった時でも、安心して休むことができるのは大きなメリットでしょう。また、個別指導塾の先生はほとんどが学生なので、知識も豊富にあり、どんな風に勉強していけば良いかを詳しく教えてもらえるでしょう。受験を乗り越えてきたばかりの先生は、試験問題の傾向や対策を把握していることが多いので、そのノウハウを直に教わることができます。